すっぽんと高血圧対策

すっぽんを食べることで、血液がキレイになる効能があると言います。
どういった仕組みなのか調べてみましょう。

 

・すっぽんは血液を浄化する

すっぽんには、食べることで血液をキレイにしてくれる効果があると言います。

 

もともと東洋医学ではすっぽんに浄血の食効があり、漢方薬として効果があると判断しています。すっぽんは、しかもその効果を表すのが速いと言われていて、心臓だけでなく肝臓や腎臓も強化するために全身に血液を送り出す機能を高めると言われています。

 

肝臓では解毒、腎臓では毒の排泄をコントロールしますので、体内がすごいスピードで浄化されていくのです。これはすごいことですね。すっぽんを食べると、すぐに身体が温かくなると感じる人が少なくないのも、こうした臓器を瞬間的に活発にする効果があるからでしょう。

 

サプリメントとなってもその有効成分は変わりませんので、飲むと身体が活動的になったと感じる人も多いです。

 

・すっぽんの有効成分

こうした血液の流れに作用するすっぽんの有効成分は、アミノ酸やビタミン・ミネラル類などです。そのうちの特にビタミンAやビタミンEは血管そのものを修復する機能があると言われていますので毛細血管などが活性化されて血行が促進されることもわかっています。

 

また、すっぽんの持つアミノ酸の中のグリシンという物質は、血管を詰まらせる原因となる血栓を溶かしてくれるはたらきがあり、危険な障害を除去してくれる効果があります。

 

まるで水道管の内側を掃除して、水の流れを良くしてくれるような感じですね。

 

・悪玉コレステロールの除去

ドコサヘキサエン酸やエイコサペンタエン酸という不飽和脂肪酸は、血中の悪玉コレステロールを取り去ってくれます。これにより、流れにくくなっていた血液もさらさらと流れるようになり、血管を詰まりにくくしてくれます。このことは、高血圧の解消だけでなく脳梗塞などの重大な病気や、動脈硬化なども改善してくれる期待があります。

 

すっぽんは、血をキレイにしてくれると言われるのはそうしたことが理由なのですね。