すっぽんサプリが効かない理由?

話題のすっぽんサプリメントを買って飲んでみたけど、ぜんぜん何の効果も変化も得られないという人もいるかもしれません。すっぽんに確かな効果があることは事実ですから、その原因はどこにあるのかちょっと考えてみましょう。

 

・すっぽんが悪かった!?

料亭に出すようなすっぽんを養殖している専門家のところならまず間違いはないはずですが、どこからどのように入手したのかわからないすっぽんを使用していた場合、すっぽんそのものが栄養失調状態であった可能性があります。

 

すっぽんはああ見えてかなりデリケートな生き物と言いますから、エサが悪い、エサが足りない、温度管理が悪い、日照条件が悪い、ストレスが溜まるといったすっぽんの生活環境の悪さによって、価値に格段の差が出てしまうことがわかっています。

 

選んだすっぽんの質が悪かったのかも?

 

・製造方法が悪かった!?

元は良いすっぽんであっても、他では使えない部分だけを広い集めて作ったものではやはり効果はありません。すっぽんには硬い甲羅が無く、ふち部分のエンペラと呼ばれる部分のコラーゲンを得るには丸ごと加工する必要があるのですが、そこがまったく使われていないようでは何のために飲むサプリメントなのかもわかりませんね。

 

エキスを水で薄めて水増ししたものもせっかくの成分が台無しですし、困るのはこうした加工状況が製品を見ただけではわからないことです。

 

効き目が無いという人は、もしかしたらすっぽん成分の抽出方法が悪かったのかも?

 

・小腸のはたらきが悪かった!?

一番困る原因ですが、実は自分の小腸の環境が悪いとコラーゲンの分解吸収がしにくくなるという事実があります。もともと分解吸収しにくいコラーゲンですが、小腸の中にあるトリプシンやキモトリプシンという酵素がはたらいて、一番小さなアミノ酸に分解してから粘膜の毛細血管で運ばれるようになっています。

 

小腸のはたらきが弱っている人、こうした酵素の少なくなっている人などでは、実はうまくコラーゲンの吸収が出来ません。サプリメント頼りではなく、生活習慣も見直す必要があるかもですね。