天然コラーゲンと合成コラーゲンについて

すっぽんと聞けば「コラーゲン」と答える女性が多いほど、私たちの認識は固定化しています。

 

でもコラーゲンとはそもそもなんなのか、ちゃんと解って話している人はほんのわずかですね。
すっぽんに豊富に含まれる天然コラーゲンについて、きちんと理解するためにちょっと勉強しておきましょう。

 

・コラーゲンとは

簡単に言ってしまえば、コラーゲンはたんぱく質です。もう少し詳しく言えば、アミノ酸がかなりたくさんつながった形の分子量の大きなたんぱく質です。

 

人間の身体で言えば、表皮の一番奥にある真皮層がほぼコラーゲンで出来ていますので、肌の美しさやツヤ、ハリ、潤いの話をする時にコラーゲンの話題が出るのは当然のことですね。

 

このコラーゲンは加齢によって固くこわばってしまったり、量が減ったりしてしまいます。
シワや乾燥を生み出すのもこのコラーゲンの変化によると言えます。

 

・天然コラーゲン

自然界に存在する生き物が体内で作り出したコラーゲンを天然コラーゲンと呼ぶことが多いようですね。体内で合成される仕組みはまた完全には解明されてはいないようですが、すっぽんも人間も、自分が食べたものを原料にして、体内でコラーゲンを合成して生きているわけです。

 

動物の皮膚や血管、筋肉や腱など、身体を作っているたんぱく質の約30%がコラーゲンです。
もちろん、すっぽんのコラーゲンも天然コラーゲンです。

 

・合成コラーゲン

天然コラーゲンに対して人工的という意味での合成コラーゲンは、永らく作り出すのに苦労していたために存在していませんでしたが、最近の研究で純度100%にまで高められた合成コラーゲンも開発されているようです。

 

言ってみれば「非動物由来コラーゲン」ということですね。

 

開発したメーカーによると、合成コラーゲンは天然コラーゲンによく似たはたらきを持つ上に、耐熱性の面や安全性の面で非常に優れているのが大きなメリットとのこと。もしかしたら、今後の美容業界や医療の現場がこうした発明によって変わっていくのかもしれませんね。